jazzstandardbible
スタンダードブックやi realなどが普及してきましたが、その中でもよく演奏される曲をピックアップしてみました。
何の曲から覚えていけばいいか分からない人というは参考にしてみてくださいませヽ(´ー`)ノ

黒本にも入っているジャズスタンダードを演奏した動画をアップしました↓

kennydrew【動画あり】Hush-A-ByeとLover Manのライブ映像を試験的にアップしてみました。
さてさて長い間更新が滞っていて超久々となってしまいましたww 今年はもっと幅広く色々なことを書いていけたらなぁと考えています...

ジャズ・スタンダード

その名の通りという感じでジャズにおける定番曲の事です。
定番と言いつつもスタンダードと言われる曲はびっくりするくらい数が多く、セッションでもライブでも未だに初めて演奏する曲や知らない曲にちょくちょく遭遇したりします。

ですが、セッションで好んで演奏されやすい曲というのは案外偏っていて、特にインスト(ボーカル無し楽器のみ)のセッションではそれが顕著な気がします。
面白いのはその偏りも地域やお店によって微妙に違う事ですが、常連さんやお客さんの層がお店によって違うのでそれも当然と言えば当然かなぁとも思ったり。

僕がよく遊びに行ったりセッションホストとして演奏させて貰うのは大阪や神戸が多いのでその辺りでセッションに行ってみたいという人には特に参考になるかと思いますが、他の地域だと全く別のラインナップになるという訳でもないのでどんなスタンダードを練習すればいいのか分からない人にも役立つかと思います。

jazzstandardbible

そしてこれがタイトルにも書いた黒本(通称)で、正式名称はジャズ・スタンダード・バイブルと言います。
以前は青本と呼ばれるスタンダードブックがよく使われていましたが、この数年はこちらが完全に主流となっていますね。

黒本ハンディ版

そしていつの間にか黒本のハンディ版も出ているのですが、これは内容はそのままで持ち運びに便利なA5サイズでリング綴じになっていますので開いておきやすく更に使い勝手がよくなりました。

セッションの場においては基本的にコードやキーもこの黒本が基準となっている事が多いので持っていて損はないというか、これからセッションデビューを考える人にとっては必須アイテムといえるでしょう。

という事でジャズセッションで演奏される曲を頻度別で分けて紹介していきますヽ(´ー`)ノ
まだ慣れていない人から見ればなかなかの曲数に感じるかも知れませんが、いきなり一気に覚える必要はありませんので何となくメロディや雰囲気を少しずつ知っていくという程度で十分でしょう。

特によく演奏される曲

ほぼ毎回と言ってもいいくらいセッションで頻繁に演奏される曲です。
次は何の曲を練習しようかなと悩んでいる人はまずここから練習していくと参加出来る曲も増えるでしょう。

Autumn Leaves(枯葉)
Beautiful Love
Blue Bossa
Bye Bye Black Bird
Days Of Wine And Roses
Fly Me To The Moon
Girl From Ipanema
I’ll Close My Eyes
It Could Happen To You
Now’s the Time(Fブルース)
Satin Doll
Someday My Prince Will Come
Take The “A” Train
There Will Never Be Another You
You’d be so nice to come home to

ジャズセッションに行けば大抵は演奏されるであろう曲を15曲まで絞り込んでみました。
どこの会場でも毎回全曲される訳ではありませんが、逆に上記の曲を1曲もしないセッションというのはまずありませんのでこの辺りの曲は出来るだけ覚えておくと参加率がグンと上がるかなと思います。
特に初めてセッションに来る方やジャズを始めたばかりの人はAutumn Leaves(枯葉)Now’s the Time等のFブルースを希望される事が多いです。
Fブルース=Now’s the Timeという訳でもなく同じキーFのBillie’s Bounceや、B♭ブルースのBlue Monk、キーCのC Jam Bluesなども好んで演奏されますのでブルースに慣れてきたらチェックしてみましょう。
Take The “A” Trainにはセカンドリフ(2番目のテーマみたいなもの)がありますが、曲の進行自体は変わらないのでそのまま4ビートで弾いてしまっても問題ありませんが黒本にメロディが書いてあるので慣れてきたらユニゾンで弾けるように練習してみると「お?」と思って貰えるかも知れません。
There Will Never Been Another Youはエンディングでこの曲特有のパターンがありますので事前に確認しておくといいですね。

割とよく演奏される曲

こちらも場所によっては上記のスタンダードと同じくらい高頻度でリクエストのある曲です。
曲によっては上に分類すべきだろうという意見もありそうですが、あくまでも個人的な体感が大きくどっちの項目も基本的には超スタンダードなので目安程度に思っておいてください( ゚д゚)ハッ!

All of Me
All the Things You Are
Alone Together
But Not For Me
Candy
Confirmation
Night And Day
On Green Dolphin Street
On the Sunny Side of the Street
Oleo
Softly As In A Morning Sunrise
St. Thomas
Stella By Starlight
There Is No Grater Love
Wave

頻度別に分けてみたもののお店やメンバーによってはこの15曲も結構な頻度で演奏されますので出来れば知っておきたいものばかりとなります。
ここも簡単に解説というか注意点を挙げておくとAll the Things You Areはイントロやエンディングでお決まりのパターンがあります。黒本にも譜面が載っていますがyoutubeで何回か聞いた方がリズムが分かりやすいです。
Confirmationもイントロやセカンドリフがありますが、イントロはベースはCのみでセカンドリフも特に進行が変わる訳ではないのでTake The “A” Train同様に知っていれば難なくこなせるかと思います。
On Green Dolphin Streetベースがお決まりのイントロを出す事が多い曲で、これは黒本には載っていないのでいつ弾く事になっても大丈夫なようにちょっと予習が必要ですね。
ちなみにテーマのみ4小節多い36小節の曲なのですが、これを普通に32小節でやる人も多いので事前に確認がベストでもし確認し忘れてしまった場合はどちらのパターンでも対応出来るようにテーマを取っている人をよく見ておきましょう。

まぁまぁ演奏される曲

これもジャズスタンダードとしては超有名なものばかりで出来れば知っておきたい曲ばかりなのですがセッションで頻繁にするかと言われるとそうでもないかなぁ、でもちょくちょくリクエスト出てるなぁという辺りの曲になります。
コード進行はメモリー出来ている方がいいですが、とりあえず聞いておいて知っているだけでも後々役に立ちます。

All Blues
Black Orpheus
Four
Have You Met Miss Jones?
If I Were A Bell
It Don’t Mean a Thing
Just Friends
Mac the Knife
Mr.Pc
A Night In Tunisia
One Note Samba
Ornithology
Recado Bossa Nova
Recordame
Speak Low

All BluesA Night In TunisiaRecordame定番のベースイントロがあるので何となくでも黒本で予習出来ていると突然セッションでやる事になってもスムーズにセッションを始める事が出来ます。
曲の難易度としてはあまり初心者向けとは言えないので最優先で覚えるものでもありませんが、カッコいい曲なので少し曲を覚えて慣れてきた頃に一度挑戦してみて欲しい3曲ですね。
ここの項目は他の曲もキメが多かったりコード進行も黒本で統一されているとは言え色んなパターンでされる事が多いのでジャズに慣れてきたら少しずつ耳を通しておいて欲しいなぁという感じです。

バラード

Body and Soul
Georgia On My Mind
Lover Man
My One and Only Love
Old Folks
Over the Rainbow
Polkadots and Moonbeams

バババっと書いていくうちにバラードが無い( ゚д゚)ハッ!という事にふと気付いてしまったのでバラードはバラードでピックアップしてみました。
歌ものだともっと別の曲がスタンダードな感じになるのですが、インストセッションだと大体この辺りを個人的にはよく弾いていますね。
コード譜でとりあえずコードトーンを追ってベースを弾けるくらいの腕前の人は軽く予習してコード進行の流れくらいは確認しておいてもいいかも知れません。
というかそもそもバラード自体あまりセッションでの頻度は高くありませんが、割と多いのがMy One and Only Love、次にOld FolksやGeorgia On My Mind辺りですね。Body and Soulは場所によっては結構好んでされます。


という感じで黒本1から頻度別に15曲ずつ、バラード7曲でピックアップしてみると合計で52曲となりました。
いきなりこれを全部覚えようと思うとウンザリする量ですが、それでも黒本1の227曲からはかなり絞り込めましたので練習の足がかりにはなるかなぁと思います。
例えば1週間や1ヶ月と期間を設定して1曲のメロディを口ずさめる程度に覚えつつコード進行を覚えるようにしていくと自然とレパートリーは増えていきますし覚えるスピードも段々上がっていきますのでとにかく最初は焦らずゆっくり進めていきましょう。

セッションに参加するための練習方法や実際のセッションでの話をもう少し突っ込んで書いてみたいと思っていましたが結構長くなってしまいましたのでとりあえず今回はここまでヽ(´ー`)ノ
よく演奏される曲のまとめだけではなく、曲ごとの解説というか譜例なんかも徐々に増やしていこうかなぁと思っております( ゚д゚)ハッ!