スクリーンショット 2017-11-11 5.58.15
邦題は「いつか王子様が」で、ディズニー映画の白雪姫の挿入歌と聞くとピンとくる人が多そうですね。
ジャズスタンダードとしても有名で、セッションで最もよく演奏されるワルツの曲のひとつですので是非ラインの作り方を覚えておきましょうヽ(´エ`)ノ

その他のジャズスタンダード曲はこちらにまとめてあります。

jazzstandardbible【ジャズセッションの定番曲】黒本1の中で覚えておきたい曲のまとめ
スタンダードブックやi realなどが普及してきましたが、その中でもよく演奏される曲をピックアップしてみました。 何の曲から覚えて...

Someday My Prince Will Come

1937年にウォルト・ディズニーさんのアニメ映画「白雪姫」の挿入歌として使われた曲で邦題は「いつか王子様が」。
ジャズセッション初心者だと曲名を言われてもパッと出てこない事も多いですが、この曲は何となくの雰囲気なら分かるかと思います。
個人的にもセッションやライブでも演奏する機会がとても多く、

ちょうど先日のライブでもやったのがたまたま動画で上がっていたのでそれを貼っておきます( ゚д゚)ハッ!

あまり変な事はしていませんが、もう少し遊んでも良かったかなぁと動画を見返して少し思いました。
ちなみにこの日はテーマ終わりから1小節に3つずつ弾いていますが、この手のワルツはアドリブになってからも1小節に1音か2音程度のゆったりした感じでも雰囲気が出て良いです。
そこからソロの盛り上がり次第で音数を増やすなどするとアンサンブルのバリエーションにもなるので周りの音を聞く余裕が出来てきたらチャレンジしてみてくださいヽ(´エ`)ノ

譜例

Someday_My_Prince_Will_Come-1

Someday_My_Prince_Will_Come-2

↓PDFはコチラ
Someday_My_Prince_Will_Come_pdf

という感じで1コーラスのうち前半は音数少なめ、後半は音数多めにしてみました。

この曲のキーは♭が2つ付いているのでメジャーならB♭、マイナーならGmとなりますが、コーラスの頭がB♭でラストがCm7→F7とB♭に向かっているコード進行なのでこの曲のキーはB♭となります。

解説

今回はかなりシンプルなラインなので大した解説という解説をするほどでも無いのですが、簡単にポイントだけ説明しようかなぁと思います( ゚д゚)ハッ!
曲の形式が分かりやすいようにリハーサルマークも表示しておきましたが、この曲は32小節1コーラスのAABA形式ですね。

特に序盤の1〜8小節目はほとんどルートと5度のみで音符も1つか2つ程度の大きなリズムでラインを作っていますが、実際にセッション等で弾く時はテーマは1コーラスこのくらいの音数で弾いて、2コーラス目からは雰囲気次第で同じノリで続けたり3つに増やしてスイングで弾いたりという事が多いです。

注意点は4小節目でここだけ4分音符と2分音符の長さが逆なのでそこだけ気を付けるのと、12フレットの方は五線譜をよく見て貰うと分かるかと思いますが、音符が菱形っぽくなっていますね。ここはハーモニクスでポーンと弾いてあげると綺麗に響く&ローポジションに戻りやすいです。
ウッドベースで頻繁に使うテクニックで結構便利だったりします。
ソフトの機能の関係上タブ譜には上手く表現出来なかったのですが何とかならないものか( ´_ゝ`)

Bの部分はシンプルにルートを下降させつつ後半はトニックのB♭に向かうドミナントモーションですね。
ここの後半から音数を増やしていっていますが、他の曲でもサビに当たる部分だけ4ビートを弾くパターンの時も直前の1〜2小節前から音を増やすだけで助走がつくような感じでスムーズに盛り上がりを表現出来ますので参考にしてみてくださいヽ(´エ`)ノ

そしてリハーサルマークは再びAへ。
ここは音が多くなるだけでほとんどがコードトーンのみ、たまに経過音を入れている程度のシンプルなベースラインです。

Cからは一気に盛り上がるような進行でグイグイいくようなイメージで弾いてください。
29小節目(最後の段の1小節目)はたまにDm7と書かれている場合もありますが、どちらにしてもその前の小節がE♭→Edimと上昇している場合はベースはFで繋げる方が半音ずつコードが進んでスムーズに感じます。
FはB♭△7だと完全5度の音、Dm7だと短3度の音となるので頭にズシッとルートを弾くのとは違う心地よさがありますね。

ちなみにこの4小節はソロ終わりやテーマ終わりの時、誰かのソロの途中で更に盛り上がっていく時は4小節全部Fの1音のみを引っ張るのがお約束みたいになっていますので覚えておくといいです。
イントロでFのみで突然弾き始めるとマイルスのバージョンっぽくて知ってる人ならニヤッとしてくれるのでこれもちょっと豆知識みたいな感じで覚えておいてください(・∀・)ニヤニヤ

Someday My Prince Will Comeが聴けるオススメのアルバム

Miles Davis/Someday My Prince Will Come

ベースからイントロが始まる印象的なテイクで、何とテーマが始まってからの最初のAまでずっとFの1音で引っ張り続けています。

Bill Evans/PORTRAIT IN JAZZ

こちらもSomeday My Prince Will Comeといえばコレ!と言えるテイクが入った1枚です。
ベースソロがカッコよく、ソロ部分はピアノは参加しないのかな?と思わせておいて後半でガンガン掛け合い、そこからエンディングまでの盛り上がりは必聴ですね。