応用編1
運指のトレーニングでよく使われるクロマチックスケールですが、ずっと同じ運指だと飽きてしまうしあまり練習になりません。
前回とは少し違ったパターンのクロマチックスケールを使ったリズム練習を解説も交えて紹介したいと思います!

クロマチックスケール

クロマチックスケール

【メトロノームを使った練習】クロマチックスケールで合わせてみようにも書きましたが、エレキベースだと1フレットずつ順番に弾いた音、いわゆる半音階というものです。
前回は人差し指、中指、薬指、小指と順番に押さえる最もシンプルで基本的な運指でしたが今回は応用編という事で少し複雑な例をいくつか作ってみました。
メトロノームは基本通りの8分音符ウラで鳴らして練習しましょう。

譜例1

譜例1-1

譜例1-2

譜例1-3

実用的な運指の組み合わせです。
ある程度スケールも練習した人はピンと来るかも知れませんが、人・中・小(半音と全音)人・薬・小(全音と半音)という組み合わせというか音の並びは普通にスケールを上昇したり下降しているだけで結構見るパターンかと思います。

譜例1-4

ベースでドレミファソラシド(Cメジャースケール)といえば最もオーソドックスと言えそうなポジションがこれになるかと思いますが2弦、1弦とバッチリ譜例1の運指に当てはまっていますね。
ちなみに低いドの前は半音下のシ、つまり2フレットになるのでここも2弦と同じ人・中・小の組み合わせになります。
少し理論寄りの話をするとこのCメジャースケールからダイアトニックコードダイアトニックスケールというスケールでの最も基礎的な概念が登場するのですが、どのスケールでもこの2パターンの使用頻度というのはかなり多く、後は5・7・9フレットという全音が続くパターンが弾ければよく使われるスケールのほとんどは出来るようになるでしょう。

そんなこんなでこの2つの組み合わせを同じ弦の同じポジションで連続して弾くという事はそうそうありませんが、今後練習する事になるスケール練習や美味しいフレーズの練習の時にきっと役立っているかと思います。
譜例では1つのポジションしか記載していませんが、この動きに慣れてきたらいつも通り5〜8フレットのポジションまで行って帰れるようになれば完璧です。

譜例2

譜例2-1

譜例2-2

譜例2-3

こちらはいかにもトレーニングという感じの運指で、難易度も結構上がります。
中指と薬指、薬指と小指の組み合わせの練習で綺麗に音が出るまではメトロノームは無しで特にゆっくりチャレンジしてみてください。

特に小指は初心者のうちは特に使いにくい指ですが、実は握力などで占める割合もそこそこ大きかったりします。

人差し指

小指

写真のように人差し指を立てて握りこむパターンの後に小指を立てて握りこむパターンを試してみてください。
どうでしょう?いかにも重要そうな人差し指も握りこんでいるパターンの方が力が入りそうなのに実際は逆に感じられたかと思います。
あまり実感が湧かない場合は添えている親指を離すと分かりやすいかも知れません。

運指の練習から人体のマニアックな話に脱線していきそうですが、何が言いたいかというと

小指は思ってるより力がある。

という事です。

ちなみにこの練習がある程度慣れてきた頃には小指よりも薬指の方が不器用じゃね?と思うかも知れません。
実際日常生活で一番使用頻度が低いのが薬指で、譜例2のポイントも小指ではなく薬指だったりします。

メトロノームでテンポを出す場合でもBPM=90程度で遅めの練習をじっくりやる事をオススメしますがこれがある程度の速さでも難なく弾けるようになってくるとそこそこ難解なフレーズにも手が出るようになってくるでしょう。
こちらも譜例1と同様5〜8フレットのポジションで、出来そうならもっと低いポジションでもチャレンジしてみてください。


今回は応用編という事で結構難しくなりましたが、いきなり綺麗には出来なくてもここに書いた事を意識しつつ平行して曲や他のスケール練習なんかをしていれば自然に指が動くようになってくるでしょう。
クロマチックスケールを使った練習はシンプルな分かなり奥が深いというか練習パターンは本当に色々考え出せますのでフレーズを作る一環として自分なりのクロマチック練習パターンを編み出してみるのも面白いかも知れません。

これはまだ難しいという人は基本編となるコチラ↓を

アイキャッチ用【メトロノームを使った練習】クロマチックスケールで合わせてみよう
運指のトレーニングで恐らく最も多く使用され日常的に指慣らしとして使われる事も多いクロマチックスケール。 今回はこれを使って色...

慣れてきたら更に難易度が上がるコチラ↓にもチャレンジしてみてください(`・ω・´)ゞ

譜例1-2【メトロノームを使った練習】クロマチックスケール応用編2
色々なパターンに発展させられるクロマチックスケールで応用編パート2を作ってみました。 今回は厳密に言うとクロマチックスケールで...
サウンドハウスで購入